• 梨弥 白土

タイプが違うからこそ


三ヶ日が過ぎましたがいかがお過ごしでしょうか?

私はこれからのことを考えるとイメージだけは湧いてくるけれど

頭がとっ散らかっている感じがして

一人の時間をとりたいなーという感じではあります。

ですが子どもが絶賛冬休み中・・・。

うーん、長い目で見るように努めます!!! 子どもは未来ですから!(ちょっと苦しい)

さて、私には息子(6歳)、娘(4歳)がいるのですが

そのタイプが逆で面白い。

息子は感覚派、絵を描くこと、ブロックが大好き。

行動はルーズ、調和を重んじる方。

娘は理屈っぽい。開けたら閉める。片付けも得意。

自己主張しっかりするタイプ。

そんな二人は喧嘩もするけど仲良し。

どこかに行って遊んでいると

「仲良しですね〜」とよく言われる。

お互いにないところを補い合っているようです。

もちろんそれは、成長段階によって、その力関係は変わっていて、

小さい頃はお兄ちゃんが我慢してやってあげることが多かったけれど

今は妹の「お姉ちゃん気質」が発揮されているところもあります。

そうやって、結構子ども同士だと柔軟にやっているんですね。

で、私も仕事を始める前と今とでは、

随分夫婦間のバランスは変わっていると気がつきました。

働く前は「こうあるべき」という枠組みの中でやってきた感があったのですが

それでやっているともう全然日常が楽しくないところまで来てしまって(!)

その枠がないところで試してみて、今がある状態。

そして結果的に今が一番楽で楽しい。

今まで生きてきても枠組みを超えることなんてたくさん経験しているのだろうけれど

大人になってみると結構それが難しいと感じることって多いのかなと思います。

でも子どもはそれを気づかないうちにやってのけている。

子どもに学ぶことは本当に多い。

そう感じている最近です。

ですから、

もともと持っている自分の素質も組み合わせ次第で

結果、

親友になったり

結婚という選択に行き着いたり

仕事の相手になったり

その秀でている部分をサービスで提供することになったり・・・

可能性は無限にあるのかもしれないなーなんて思った次第でありました。

きっとだから、こうして私も仕事ができるのだなと

自分の持っているタイプ(性質)がありがたく思うのです。

昨日に引き続き今日も

デザインの話ではないですが

もっと奥にある本質的なお話でした。

Riya

是非お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら↓

http://www.riya123.com/contact


30回の閲覧

最新記事

すべて表示

未来の自分はどんなイメージ?

最近・・・どうも、突っ走っていました。 1月なんだかよく分からない感じで毎日が過ぎて 大事なことはよく見えないけれど どうしても進みたい。 本当・・・・子どもみたい(汗) でもこういうのは体にくるので当分止めます! ほんと、体にくるので、お母さんである身としては一大事です。 デザインのことが大好きで、仕事楽しくても 体壊すのはまずい。 子どもにも、家族にも、周りの方にも、自分にも・・・よくない。

Copyright© Riya, All Rights Reserved.